FC2ブログ
2012/09/07

竜王戦挑戦者決定戦第二局

竜王戦挑戦者決定戦第二局

山崎七段の将棋は難しいが面白い。
そして、訳がわからない。
訳がわからない理由は簡単で、
僕のような級位者レベルでは
そもそも棋譜だけでは分からないから
プロの解説を見て判断するのですが、
そのプロも正しく判断できてないのだと思うのです。
おそらく本人にしか分からない、
もしかしたら本人すら分かってないかもしれない。

対局中の山崎さんの脳内を覗いてみたい。
単純な将棋の指し手だけじゃなく、
色んな心理が蠢いているのだと思う。
クリエイティビティな将棋だと思います。
藤井九段とはまた違う、創作家の一人ですね。

内容に触れてない?だってわからないんです(笑)

以下は自分の将棋の記録

9月6日:
詰め将棋、逃げ将棋:お休み
対局:将棋ウォーズ 1敗
時間をうまく見繕えず、お勉強はお休み。
帰りの電車で対局を1局だけ。
後手番で、序盤なんか駆け引きの末、
相居飛車矢倉模様から右四間飛車急戦に。
右四間飛車の作戦はうまく交わせて有利になったと思ったんですが、
終盤寄せに行ったところで間違えて負け。


この局面で▲2五飛△同歩▲3四銀と寄せに行ったのですが、
銀ではなく香打ちなら勝ちだったようです。
今考えてみてもわかってないのですが…(^^ゞ
そもそも飛車切らずに▲5九飛と
逃げておくくらいでも相手は手がなかったはず。
後は5四成銀くらいからぼちぼち行けば。
入玉されそうな気がして焦っちゃったんでしょうね…
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント